!



この本の見どころ

プロセス:どんな人に 何を なぜ いつどこで

誰に・何を・なぜ・どうやって伝えたいのかによって
生まれるデザインの違いを見てみよう。

構造の整理から仕上げまで。プロセスを見ながら、デザイナーの頭の中をのぞいてみましょう。
(Chapter1 編集×デザイン)

Let's Design

デザイナーの
7つ道具を
使いこなそう。

「1・ダイジ度天秤」で方向性を見定め、「2・スポットライト」で主役を目立たせる。「3・擬人化力」と「4・連想力」でデザインのキャラクターを探りながら、「5・翻訳機」にかけて文字とビジュアルのバランスを整える。最後は隠し持った「6・虫めがね」を取り出して、じっくり仕上げを。「7・愛」あればこそのデザイナー7つ道具です。

いいデザインて
いいキャラしてます。

“あの人らしいね”という言葉は、人間だけでなくデザインに対しても言えること。良いデザインには人格みたいなものがあり、だからこそ心に残るのだと思います。書体、組み、あしらい、配置などを人物に例えて考えてみましょう。
(Chapter2 デザイナーの7つ道具「擬人化力」)

色を使いこなすために
右脳と左脳で
考えてみる。

色は何のために使うのでしょうか? 説明や強調をするために使う機能的な色を「左脳色」、一目見たときの印象を左右する情緒的な色を「右脳色」として、その役割をひとつひとつ解説します。
(Chapter3 デザインの素「色」)

図表のデザインも
プロセスで紹介。

元になるデータから、グラフで伝えたいメッセージを整理する。適したカタチのグラフを選び、より伝わりやすくなるように整える。グラフ&チャートのデザインも順を追って考えてみると分かりやすくなります。
(Chapter3 デザインの素「グラフ」)

「デザイン=楽しい」
目で見て楽しむ新しいデザインの本!

「デザイン=楽しい」を実感できる新しいデザイン書籍。
デザインする上で必要な基礎、概念、ルール、プロセスを図解やイラスト、
写真などのビジュアルで解説しています。
現場で活躍しているデザイナーが身近にあるわかりやすいものに例えたり、
図解、イラスト、別のものに置き換えて見方を変えてみたり…
豊富なビジュアルとともにわかりやすくひも解いた、楽しみながらデザインのあれこれがわかる
「なるほど!」と思える内容が盛りだくさんです!

購入はこちら

なるほどデザイン

〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

筒井美希 著
エムディエヌコーポレーション
A4正寸/272ページ
ISBN: 978-4844365174

著者について

筒井美希Miki Tsutsui

株式会社コンセント
アートディレクター/デザイナー

武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業後、2006年(株)アレフ・ゼロ(現・コンセント)入社。雑誌・ムック・書籍・広報誌・学校案内・Webサイトなど、幅広くアートディレクション/デザインを手がける。2014年、撮影ディレクションを担当した『立教大学 大学案内/大学院案内』が「APAアワード2014」広告作品部門に入賞。 2015年7月『なるほどデザイン 目で見て楽しむデザインの新しい本。』をMdNより刊行。